MENU

【ヒゲ脱毛するなら】後悔しないために知っておきたい3つのポイント!

ヒゲの有無は人生において、とても重要なターニングポイント

 

ヒゲの濃さに悩んできた方であればあるほど、ヒゲ脱毛は、これからの人生の変えるほどのターニングポイント(転機)になり得ます。だからこそ、後悔しないようにしっかりと理解を深めてから、ヒゲ脱毛をはじめましょう。

 

ヒゲ脱毛のポイント教えします!

ヒゲ脱毛前に理解しておくべきポイント
  • ヒゲ脱毛は、レーザー脱毛一択
  •  

    ヒゲを脱毛したいと考えている方の99%は、ヒゲが“濃ゆくて”悩んでいます。濃いヒゲにうんざりしての脱毛なら、レーザーでの永久脱毛しかありません。
    エステサロンでの脱毛は、「もともとヒゲが薄く、別に濃ゆくて困っている訳ではない」という方のみ効果を見込めます。ヒゲが濃い方が通っても、いつまでたってもヒゲはなくならず時間とお金をドブに捨てに行くようなものです。

 

  • 時間がかかる
  •  

    ヒゲが生え変わるタイミング(毛周期)に合わせて脱毛しないといけないため、ある程度、脱毛間隔を空ける必要があります。ヒゲの場合は6週間から8週間。ヒゲ脱毛5回コースだと1年近く、ツルツルにするなら2年以上はかかります。

 

  • お金がかかる
  •  

    医療クリニックのプランによって変わりますが、ヒゲをある程度薄くするのに10万円。ツルツルにするには、20万円以上はかかると覚悟しておきましょう。ただ、これから自分で死ぬまでヒゲ剃りを続けるよりは、はるかにコスパは高いです。

 

ヒゲ脱毛中に心掛けたいポイント

 

  • 毛を抜かない
  •  

    毛周期が狂ってしまい、効率よく脱毛できなくなります。おまけに、毛根に菌が入って不衛生です。毛抜きは絶対にやめましょう。

 

  • 日焼けしない
  •  

    日焼けした肌には、レーザーが当てられません。レーザー脱毛はヒゲの黒色に反応する仕組みなので、それが肌にも反応してやけどしてしまうからです。日焼けしていると施術日が延期してしまうどころか、コースの場合、1回分無駄に消費することにもなりかねます。

 

  • 痛みは無理に我慢しない
  •  

    レーザー脱毛はけっこう痛いです。男性の7割近くが麻酔を使用するほど。痛みが嫌で脱毛を途中で断念してしまう方もいます。脱毛をしっかり完了させるためにも、少しでも我慢できないようであれば素直に麻酔を使いましょう。

 

 

ヒゲ脱毛後のケアに関するポイント

 

  • 保湿はしっかりおこなう
  •  

    脱毛後は肌が炎症を起こしています。クリニックでもらえる軟膏を塗ったり、自宅で化粧水・乳液を塗ったりして、完璧な保湿をおこないましょう。肌が赤くなったまま放置すると、今後、ヒゲ脱毛できなくなるくらい傷んでしまう危険性も。

 

  • 脱毛後すぐは入浴や運動を控える
  •  

    入浴や運動は、血流をよくしてしまうため、肌の炎症や痛みが引かなくなります。また、汗が開いた毛穴に入り、雑菌の繁殖につながる恐れも。脱毛後はシャワーだけで済ませましょう。

 

  • 肌を清潔に保つ
  •  

    肌が炎症を起こした状態は、刺激に非常に弱く敏感です。毛穴が開き、乾燥しているため、あらゆる肌トラブルの元となります。脱毛後だけでなく、普段から肌は清潔に保つようにしましょう。ただし、洗顔で皮脂を洗い落とし過ぎるのは逆効果です。

 

 

 

最後に、心得ておきたい大切なポイント

 

ヒゲは人それぞれ異なります。生え方も伸びる早さも濃さもバラバラです。
当然、ヒゲ脱毛にかかる時間も変わってきますし、レーザーの痛みも違います。ですから、ヒゲのない理想の自分を目指して、前向きに根気よく続けていきましょう。

 

 

 

 

ヒゲ脱毛に関する後悔